スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

Meal2009-02-27(Fri)

2009.2.13 the first day

機体が安定すると機内食が運ばれてきました 「待ってましたあ!!(爆)」 
とばかりにワタクシ、がっつきました(笑) 

ところでいつも思うのです 「フライト・アテンダントの仕事はかなり過酷だな」 と
狭い通路で身をかがめて機内食をワゴンから取り出し、配膳するわけですし。

そうそう、行きの機内で、珈琲サービスを受けている時の事ですが、外国人の
フライト・アテンダントが手に持っていたミルクポットを誤って、ワタクシの前の席の
乗客にかけてしまったのですね。

窓側は日本人乗客、通路側は外国人の女性が座っていました。 通路側の
外国人の方は本を読んでいたようですが、肩から背中、それから髪の毛にも
ミルクを浴びてしまったようでした。

急いで数人のフライト・アテンダントが駆け寄り、彼女に謝罪しながら手早く
零れたミルクを拭き取っていました。”慌てず、騒がず、迅速な行動だなあ” と
後ろから見ていて本当に感心しました。

窓側に座っていた日本人乗客には、多分ミルクはかからなかったと思うのですが、
その後、日本人のフライト・アテンダントが来て、「本当に申し訳ございません」 と
日本語で謝罪していました。

何かあった時のこういう迅速な行動は日頃の訓練の成果なのでしょう。


20090227-1.jpg

運ばれてきた状態の機内食 おっと、○レコール忘れず飲もうと置いてありました(笑)


20090227-2.jpg

ホイルを外してっと・・・煮込みでしょうか (去年もこんな感じでした)


20090227-3.jpg

この木曽水にも見覚えがあります それからカッパ巻き及びバッテラ パン、チョコレートケーキ(笑)













Comments(5) | Trackback(0) | Other

Comment

覚書 機内食

前回も思ったのですが、パンが美味しかったです。
特に帰りの便で食べた、中がもちもちしたパン、
ノルウェーで食べたパンと似ていたような・・・

食事前や後にお酒やドリンク類(ジュースや烏龍茶等)
珈琲、お茶等の機内サービスが受けられるので、
木曽水は飲まず取っておきました。
機内はとても乾燥しているので喉が渇きます。

でも飛行機の後方へ行けば、いくらでも飲み物や
菓子類(チョコレートが美味しかったデス 笑)を
いただけるのですね♪

実はこの木曽水をそのまま持っていこうと思いまして、
(結局機内では運動の為にも席を立ち、後方まで歩き、
飲み物等をいただいていました)
ジップロックの袋に入れて(液体は100ml以下の容器に移し、
透明なジップロックの袋に入れてセキュリティを通りますが、
この木曽水、100ml以下ですよね 笑)
カストロップ空港のセキュリティを通りました。

ビビビっと鳴ったのは、「これが原因だ」と男性係官が
言っていました。それでもう一度持たずに通ったのですが、
やはり鳴りました(笑)

成田では鳴らず、カストロップ空港とガーデモエン空港で
鳴りましたが、今になっても原因はさっぱりわかりません・・・

2009-02-28 | URL | ルシアン [ 編集]

>水でピピピっ!は無いですよね~(笑)
あちらの機械が精密だったというのか、成田が危ないな~と思うか・・・?

>粗相
その後トラブルもなかったようで良かったですね(笑)
一番怖いのは、液体(コーヒー、水)が床にこぼれる事で、床の下にはケーブルが縦横に走っていますからね~。かと言って洋服にこぼして言い訳ないけど(爆)

長いフライトでは食事も楽しみですから、機内食有料化の話題は寂しいですよね。新幹線に乗るような感覚になりますが、途中下車出来ないので(爆)やはり食事くらいは心配しないで行きたいものです。



2009-03-01 | URL | Mutsuho [ 編集]

Mutsuhoさん

こんばんは

容器がどうのこうのと係官は言っていましたが、
持たずに通っても結局鳴ったわけですから、
この水が原因というわけではないでのでしょう(笑)

床の下のケーブル・・・考えたこともありませんでした。
でも確かにそうですよね。あの狭い機体に全ての機器が
詰め込まれているわけですから・・・

機内食や飲み物サービスの時間は楽しみでもありますよね。
SASはちょっとしたサンドイッチのような軽食や飲み物、
勿論機内食も、それからお菓子類も美味しかったです。
他の航空会社を知らないので比べようがないのですが(あせっ)

外国人フライト・アテンダントが 「グリーン・チー」
(ティーじゃなくってチーと聞えました 笑) と
サービスしてくれるたびに、いただいていました。

暖かいものを暖かい状態で、冷たいものは冷たい状態での
サービスもなかなか大変ではないかと思います。

そうそう、行きも帰りも途中で暖かい(というより熱~い)
おしぼりのサービスがありましたが、あれも嬉しいですね♪

2009-03-01 | URL | ルシアン [ 編集]

おしぼり

おしぼりサービスはJALが始めたということをご存知でしたか?
日本的なサービスが評判がよく、現在では当たり前のようになっていますね。
ただ、日本人はスマートなサービスには慣れていなくて、かなりコンプレックスを感じていたように思います。

今は日本人ということを前面に押し出して応対出来ますが、若い頃は西欧がなにもかも上だという考えが強くて・・・
自国の文化を知らなくては・・と思ったのは、その頃からですね。





2009-03-01 | URL | Mutsuho [ 編集]

Mutsuho さん

こんにちは

おしぼりサービス、そうだったのですか。
如何にも日本人らしい細やかなサービスだと思います。
日本ではレストランでも当然のようにおしぼりと水が出ますが、
(最近はペーパーだったり、なかったりもしますね 笑)
外国でこういうサービスはありませんよね。

どちらの文化が上か下かということはないと思います。
でも日本人には未だに西洋コンプレックスはありますね。
ワタクシは日本人的な 「言わなくてもわかる、以心伝心」 
的な部分は正直苦手です。
言われなきゃわかんないヒトなので(笑)

でも主張することが当たり前という社会にも疲れますね。
自分が悪くても当然のように「あんたが悪い」と言わなければ
生きていけない某国では生活できないかな~とか(笑)

ほどほどに~が良いのでしょうか・・・

2009-03-04 | URL | ルシアン [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://lucientravel.blog26.fc2.com/tb.php/5-ec06df0e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。