スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

Oslo University2009-03-16(Mon)

2009.2.14 day 2

国立美術館を後にして Kristian Ⅵ’s gate を  The Royal Palace (王宮) 方面へ向かって
数分歩くと、FREDERIKS GATE に面して Histrical Museum (歴史博物館) があります。
歴史博物館へ向かう途中、Oslo University  (オスロ大学) を見つけました・・・


20090316-1.jpg

裏口から入ってみました 学生の姿もなく静かな土曜日の午後でした


20090316-2.jpg

いいですねえ こんな大学・・・なんとなく憧れてしまいます~(笑)












Comments(11) | Trackback(0) | Norway

Comment

オスロ大学

カール・ヨハン通りを行ったり来たりしていた時、
王宮のすぐ近くで歴史を感じさせる美術館のような建物を
何度か目にしました。

今思えば、あれはオスロ大学の正面玄関だったのですね(爆)
ワタクシは撮影したこちら側が正面だと思っていました。
ツーリスト・インフォメーションでいただいた地図を見て
やっとわかりました・・・

2009-03-16 | URL | ルシアン [ 編集]

空撮

最近NHKハイヴィジョンで「空撮ヨーロッパ」シリーズを放送していて、今朝はコペンハーゲンでした。空から観る北欧の町は緑に囲まれて奇麗な三角屋根の家が並んでいます。屋根の色が統一されているのでまるでおとぎの国のようです♪
酷寒の北欧も素敵ですが、やはり6月ころの初夏も良いですよ。
薄紫の花(ライラックかしら?)やアジサイが印象的でした。

やはり6月のツアーは運命ですね!?(笑)

2009-03-16 | URL | Mutsuho [ 編集]

投稿違い

はは、このコメントはあちらのブログですよね(汗;~)
何処の国でも、特にヨーロッパは古城や歴史的な建造物を大学にしていますね。
そのためでしょうか、いかにもアカデミックで学んでみたいと思わせられます。
ルシアンさん、留学でもしてみませんか~、真面目に!

最近は英国のモース警部(オックスフォード)やケンブリッジを舞台にしたドラマを観る事が多いですが、粗筋以外の楽しみ方が多いです。
ドイツのハイデルベルグはあまりにも有名ですが、そこで学んでみたいと思うのは万国共通のようですね(笑)

2009-03-17 | URL | Mutsuho [ 編集]

Mutsuhoさん

こんにちは

おとぎの国は冬訪れてもそう感じましたよ(笑)
北欧独特の家の形や鮮やかな色彩が目に焼きついています。

コペンハーゲンを案内してくれたデンマーク人の男性も
「次回は花が一気に咲く5月か6月に是非来てね」
と言っていました。

そうそう、コペンハーゲンにも桜が咲くそうです。
これはコペンハーゲン在住の日本人の方から教わりました。
(そりゃ、そうですよね、アメリカのポトマック川の桜も有名ですし・・・
ひばりさんの歌に『ポトマックの桜』なんつうのもありましたよね 笑)

5月、6月は結構忙しい時期でして、休暇取得がどうかなと(滝汗)

2009-03-17 | URL | ルシアン [ 編集]

Mutsuho さん

こんにちは

おっとタッチの差だったようです、コメントを送信したら
Mutsuho さんのコメントがありました(笑)ありがとうございます。

留学したいですぅ、マジに(爆)
次回から更新予定の歴史博物館、ここはオスロ大学に属する
博物館なのだそうですが、ワタクシ的にはとても興味深かったです。

語学留学とかじゃなくって、やはりその国の歴史を学びたい♪
と思いますよね。折角ノルウェーに行くのでしたら、
先住民族の歴史とかヴァイキング史とか、
そういうのが楽しそうです。
あは、でもノルウェー語じゃ、全く理解できません(滝汗)

モース警部は ミステリーチャンネルでしたか・・・
時々観ていますよ~。イギリスやヨーロッパのドラマは
役者は地味ですが(爆)建物や街並みを見る楽しみもありますよね。

「アルト・ハイデルベルグ」 の世界ですね(笑)

2009-03-17 | URL | ルシアン [ 編集]

コペンの桜

桜ですか~!そう言えばイギリスでは八重桜(花色が少し濃い)が好まれているそうですからコペンの桜も八重桜系ではないでしょうか。
ソメイヨシノはワシントンあたりが北限でしょうね。

あちこちから桜の開花が聞かれます。
駿府城の開花も待たれますね♪

2009-03-18 | URL | Mutsuho [ 編集]

Mutsuhoさん

こんにちは

コペンの桜・・・
ソメイヨシノかどうかは確認しませんでしたが、
確かに北国は八重桜系ですね。
駿府公園の桜が咲いたら、その画像を添付して
コペンハーゲンの方にメールを送ろうと思っています。
その時、種類を聞いてみますね♪

こちらは明日が開花予想日なのですが、
本日あたりちょこっと咲いているかもしれません。

時間があれば撮影したいのですが、
きょうはちょっと無理かな・・・

2009-03-19 | URL | ルシアン [ 編集]

空撮ヨーロッパ紀行

今日はノルウェー上空でしたよ♪
リレハンメル付近、など主に森林地帯の上空でしたが、北欧家具の本場だけに
資源の豊富さには目を奪われます。
明日はオスロかな?

今日も暖かいですね。桜の便りは気分を浮き浮きさせられます♪

2009-03-19 | URL | Mutsuho [ 編集]

Mutsuho さん

こんにちは

ワタクシも去年、トロムソからオスロに戻る時、
ノルウェー上空からの眺めを堪能しましたよ~。
上空と言っても飛行機はそれほど高くを飛ばないので、
家並みや道路、走っている車等、しっかり見えました(笑)

オスロも郊外へ出れば本当に森の中のようなところです。
フィンランドがよく「森と湖の国」 と言われますが、
ノルウェーも海岸線からすぐ山が迫っている国ですから
同じような光景が拡がります。

そこへいくとさすがにデンマークは酪農王国ですね。
海の近くに点在する緑がとても綺麗でした。
上空からの眺めは全体を俯瞰できますから、また楽しいですね♪

次回は実物を是非是非ご一緒に(笑)

2009-03-19 | URL | ルシアン [ 編集]

お久しぶりです。

お久しぶりです。
やはりルシエンさんのサイトは、心が和みますね。まず音楽で癒され、写真でくつろぎ・・・

オスロに行かれたのですね。本気で留学なさってみてはいかがでしょうか。

英語の授業もあるのでは?英語の授業がなければ、ノルウェー語を勉強して、ノルウェー語の授業を全て録音して、ノルウェー人のクラスメートに助けてもらい、必死で授業についていく・・・とか。

ルシアンさん、10年後には、ノルウェー文化の研究者になられているかも。「好きこそ、ものの上手なれ」・・・です。

私も北欧圏が好きですね。でも、私の場合には、実際の北欧ではなく、その子孫、つまり北欧系の米国人や、北欧系の英語圏の人の方が、仕事上や私生活上でつきやいやすいですね。しつけがしっかりしている知的レベルの高い人が多いんですよ、北欧系の子孫の方って。私の場合、英語なら「言語の壁(language barrier)」もないし。しかも、男女とも容姿が良い人が多いから、見てて楽しいし。笑

ではまた。

2009-04-13 | URL | Sophie [ 編集]

Sophieさん

こんにちは
こちらこそご無沙汰しております、お元気でいらっしゃいますか?

ありがとうございます。
帰国後忘れないうちに記録として残しておこうと思いながら
忙しくてこちらのブログも放置状態になっております。
お返事が遅くなりましてごめんなさい。

オスロ大学もトロムソの歴史ある古~いトロムソ大学も
どちらもとても魅力的でした。
研究者なんてとてもとても(滝汗) 
ワタクシの場合、ただ好きな文献等を読むだけですから・・・
でも興味のあることでしたら、英語も苦痛にならないかもしれません。
Sophieさんのように言葉の壁がなければ良いのですが・・・
ワタクシの場合、高~い高~い壁が立ちはだかっていますし(笑)

ノルウェーやデンマークを歩いていて思ったのは
日本と異なりやはり大人の国だなということでした。
若者は別として(笑)騒ぐ人はあまりいませんし、
特に空港内の静かさには吃驚しました。

容姿は特に(笑)そうですね。金髪碧眼、肌は白くて綺麗ですし
それほどお洒落をしているわけでもない普通のヒトが
どうしてこんなに美しいのだろう?と振り返ることもしばしばでした♪

2009-04-20 | URL | ルシアン [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://lucientravel.blog26.fc2.com/tb.php/11-482cf9de



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。