スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

Nasjonalgalleriet2009-03-15(Sun)

2009.2.14 day 2


多分 National gallery のノルウェー語だと思うのですが、そのままずばり国立美術館です。
去年はここを訪れ、作品の多さと素晴らしさに圧倒され、ひたすら溜め息の連続でした。

ムンクの部屋は勿論のこと、ワタクシが再び逢いたかったのは、エル・グレコの宗教画です。
ワタクシは無神論者ですが(笑) 宗教画や教会は心が落ち着き、結構好きかもしれません。

そして エル・グレコを始めとする絵や壁一面に大きなタペストリーが飾られた展示室38の 
the Langarard Collection は、おそらく何度見ても涙が出るほど感動する部屋だと思います。

相変わらず人が少なく静かなこの美術館、お気に入りの絵の前では、ゆっくりと椅子に座り、
心ゆくまで堪能することができます・・・


20090315-1.jpg

グランドホテルから徒歩5分ほどの距離にある国立美術館 常設展は常に無料です


20090315-2.jpg

どうゆうわけか建物全体の画像がありません(滝汗) また室内は撮影禁止でしたのでごめんなさい


20090315-3.jpg

赤い煉瓦の建物も特徴的です カール・ヨハン通りから一本北側の通りに面しています


20090315-4.jpg

この如何にも歴史を感じさせる重い扉を開けると美術館です 表示がないのでわかりにくい・・・

中に入ると警備のおにーさんが 「こんにちは ここは無料ですよ」 と英語で話しかけてくれます


20090315-5.jpg

建物の前には彫刻がずらっと並んでいます


20090315-6.jpg



20090315-7.jpg



20090315-12.jpg



20090315-8.jpg

こちらは建物の横にて撮影


20090315-9.jpg



20090315-10.jpg

それにしても良いお天気♪ 日影は凍っていてとても寒かったのですが・・・


20090315-11.jpg

Viegland の文字が見えます ヴィーゲランの彫刻でしょうか











Comments(0) | Trackback(0) | Norway

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://lucientravel.blog26.fc2.com/tb.php/10-a95e7e6c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。